サラリーマン農家のお米作り 日記① 種蒔きの準備

私はサラリーマン農家(兼業農家)です。
香川県の中讃
地区で約5反(1,500坪、4,950㎡)ほど
お米を作っています。

3年前までは両親が作っていて、私はお手伝いだけでした。
父親が他界してからも、私は殆ど日曜日だけお手伝いだけで
母親がメインでお米を作っていましたが、
今年、母親のひざが悪くなり4月に手術を行いましたので
今年からは私と嫁と息子でお米を作ることになりましたので
母親のアドバイスをもらいつつ年間を通じて始めての
お米を作ることとなりましたので、いろいろと
書きつづっていこうと思います。

5月13日(日)種蒔きの準備

今年の米はコシヒカリ、ヒノヒカリ、おいでまいの3種類を
作ります。
今週はコシヒカリの種蒔きの準備で、お米に水を吸わせます。
農協から買ったもみダネを適当に袋に入れ
専用の機械(たいそうなものでなく、たらいに水を循環させる
装置を置いたもの)に浸します。
母親いわく今は塩水につけなくてよいそうです。
私は別に知らなかったですけど。


こんな装置です。
コシヒカリは天候によりますが、5日~1週間くらいだそうです。
芽が出たら出します。

後は日が当たってもよいように、むしろをかぶせて完成です。

次回は育苗装置の組み立て作業です。

ヒカリ感謝祭があったので、今日はここまで!

お疲れ様~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です