サラリーマン農家のお米作り 日記③ 種蒔き

私はサラリーマン農家のお米作り奮闘記。

5月19日(土) ヒノヒカリ種蒔き

今日は、ヒノヒカリの種蒔きです。

仕事が終わり15:00ごろ帰宅
嫁も今日はパートの仕事を14:00までにしてもらって
さ~種蒔きの準備だ。

なぜ日曜日にせずに、こんな時間からするのか
明日、後輩の結婚式があるからです。
なんと、隣の徳島県で。

出欠の確認時には種蒔きのことはすっかり抜けてて
早くから土曜日にすることを決定していました。
嫁さん・息子ゴメンね。

嫁が先に帰っていたので、息子と2人で苗箱とかを
出したりしてくれていました。(感謝!!

今回は苗箱50枚!

自動種種蒔き機をセット!

水ホースセット!

土セット!

電源セット!

さーやるぞ、まずは苗箱に土を敷きつめ、水で土を湿らす。
次に種蒔き

モミセット!

もみの量の確認、だいたいまんべんに蒔けているので大丈夫。
「さーヤルで」の合図で作業開始

順調に進んでいる・・・、
後10枚くらいで「モミが・・・」足りないかもとしれないと感じ始め
最後の2枚目は少し少なく、最後の1枚は半分くらいがモミがない
少し絞ってもよかった思いつつ、下に落ちているモミあるので
集めてどうにか完成。

あ~、あぶなかった。

土間苗箱を並べて「苗立枯病など」を予防で薬品を掛け
育苗機に並べ、セットし種蒔きは完了!

あとは、ある程度育つまで確認だけ。

日が落ちるももう少しあるので
「苗代」の準備を
   ※苗代とは育苗から育った苗を田植えの時期までに育てる場所

田んぼの一角に作るので区画をあぜ波で分ける作業

とんが(土を掘り起こす道具)で溝を掘り起こし

くわ(溝を鳴らす道具)でならし

あぜ波(隣との堺をつけるプラッチック製の板)を入れ
とりあえず仕切りは完成!

後は苗箱を出すときに敷物を敷くだけ。

今日は予定よりも多く仕事ができたのでよかった。

お疲れ様。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です