サラリーマン農家のお米作り 日記⑧ しろかき

サラリーマン農家のお米作り奮闘記。

6月16日(土) しろかき。
田植えは明日なので今日はしろかきです。
サラリーマンは土日作業がメインですので
しろかき後2日くらい置いたほうが
落ち着くのですがサラリーマンはそんなに
待てませんので、しろかきの次の日に
田植えです。

午前中に仕事を終え昼からしろかきの準備
前日、たんぼに水をタップリと入れ
当日は不足分だけみずをたして

「さあ、やるぞ」と気合を入れ
“コシヒカリ”“ヒノヒカリ”の田植え
の箇所のしろかき

たがやしの時にはわからなかったのが
みずを入れると高低差がよく見え
できる限り鳴らすようにしろをかく
多少のことは目をつぶり水面より
出ているところをなくすのが手間である

夕方までにしろかきは終了!

トラクターを洗って
次は田植え機の準備

バッテリーのチャージは前日までに済ませ
繋いで見て、燃料のコックをON
動くかどうかドキドキ
動かなかったら“やべっぞ”と思いつつ
キーをまわすと、一発点火で動く

「日ごろの手入れがよかったのか」と
自画自賛 (・・・洗っただけですけど)

農機具屋さんありがとう~

格納庫から倉庫まで移動して
(なんかカッコイイ)
動くことを確認して今日は終了

明日は晴れますように!

お疲れ様です

 

-プチ情報-

“しろかき(代掻き)”とは

たんぼに水を張って、土を細かく砕き、
丁寧に掻き混ぜて、田んぼの表面を平らにする作業
田んぼの水漏れを防ぎ、苗を植えやすくし、
苗の根付きと発育を良くします
また肥料(ひりょう)が全体に行きわたり、
水はけも均一(きんいつ)となります
雑草の発生を抑える効果もあると言われています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です