香川で無農薬野菜を食べるメリットは?安心・安全だけじゃない!無農薬野菜の特徴

香川県産の野菜は、新鮮でとてもおいしいのが魅力です。しかし、無農薬の野菜とそうでない野菜にはどのような違いがあるのでしょうか?その特徴についてご説明いたします。

無農薬野菜が人気を集める理由

無農薬野菜が人気を集める理由

無農薬野菜は安全というイメージがありますが、農薬を使った野菜を食べたからといって、病気になるわけではないのです。しかし、現代人は肉類を食べる方が多く、排泄機能が低下していると言われています。

そのため、農薬がきちんと排泄されず、身体の中に蓄積される可能性が高まります。農薬を身体に入れないことは、健康を守るということにつながるのです。このような現状から、無農薬野菜は、人気を集めています。

安心・安全だけでない無農薬野菜の特徴

無農薬野菜が人気なのは、安心なだけではありません。害虫などを寄せつけない農薬は、野菜が土の中に含まれる栄養素を取り入れる力まで弱めてしまいます。そのため、農薬を使った野菜は栄養価が低くなるのです。

野菜本来含まれているビタミンや、ミネラルの量も低下させてしまいます。農薬を使用した野菜だと、栄養を摂るために野菜を食べているのにもかかわらず、本来の栄養素が摂れない食事になっているのです。

無農薬野菜は一般野菜に比べておいしい?

無農薬野菜は一般野菜に比べておいしい?

野菜は育てれば、どれも同じ味になるわけではありません。牛や豚なども育つ環境やエサによって味が変化するように、野菜も土壌や肥料、農薬の有無で味が全く変わってきます。

このように野菜も、育っていく環境によって味が変化し、野菜自体の味を決める旨味成分も決まっていきます。例えば、しいたけや昆布は出汁として使用されますが、しいたけや昆布にはグルタミン酸やグアニル酸といった旨味成分が含まれています。

野菜の味も昆布などと同じく、旨味成分がしっかり生成されることで甘味や苦味などを味わうことができます。また、おいしい野菜が育つためには、野菜がもつ生命力がカギとも言われています。

生命力が強ければあらゆる成分を合成でき、自然界でたくましく育つので健康で味の良い野菜ができ上がります。農薬を使った野菜は、野菜自身がもつ生命力が低下し、後味が悪い・味が薄いなどの現象が起きてしまうのです。

無農薬野菜の特徴や人気の秘密、味の違いなどをご説明しました。無農薬野菜は安心・安全なだけでなく、おいしさにも違いがあるので、野菜を選ぶ際はぜひ無農薬野菜をお試しください。Saiho Agrifactoryでは、LED照明を使用した水耕栽培を行っています。閉鎖型植物工場で生産している香川県産のリーフレタスを、ぜひお召し上がりください。

香川で無農薬野菜をお探しでしたらSaiho Agrifactoryへ

会社名 ㈱ヒカリ西宝町アグリ工場
代表責任者 三好 信之
住所 〒760-0004 香川県高松市西宝町3丁目6−22
TEL 087-812-1831
FAX 087-812-1832
電話受付時間 平日 9:00~17:00
定休日 土日祝日
公開メールアドレス saihocho.3622@hikari-agri.com
ホームページURL https://hikari-agri.com