香川の新鮮野菜を長持ちさせる保存方法

香川で採れる野菜は、どれも新鮮でおいしいものばかりです。しかし、野菜ですので、時間が経つとどうしても鮮度が落ちてしまいます。野菜の鮮度を保つ上でのポイントは、植物を老化させる成分「エチレン」から守ることです。エチレンから野菜を守るためには2~5℃前後の低温で保存することが大切です。

レタスやキャベツの鮮度を保つ保存の仕方

レタスやキャベツの鮮度を保つ保存の仕方

香川で人気の野菜でもあるレタスやキャベツは、芯から傷んでいくので、芯を取り除いてビニール袋で保存します。

レタスやキャベツの芯部分は水分を必要とするので、そのままだと葉の水分が奪われ鮮度の落ちが早くなってしまいます。また、レタスは金属に触れると変色しますので、手を使って取り除きましょう。

くりぬいた場所に濡らしたキッチンペーパーを詰め、ビニール袋で保管します。

傷みやすい小松菜の鮮度を保つ保存の仕方

傷みやすい小松菜の鮮度を保つ保存の仕方

野菜の中でも傷みやすく、1日~2日ほど経つとしおれてくる小松菜。

そんな小松菜の保存方法は、湿らせたキッチンペーパーや新聞紙で包み、立てて保存します。こうすることで、しおれやすい葉の部分も新鮮さをキープできます。

野菜の鮮度を保つために覚えておきたいポイント

野菜鮮度を保つコツとして、冷蔵庫の開け閉めを控えるというのもポイントです。開け閉めを繰り返すことで冷蔵庫内の温度が上がってしまい、野菜の劣化を早めてしまいます。

その他にも、食材が隙間なく詰まっている冷蔵庫だと、温度にムラが出てしまうので、定期的な掃除や食材の見直しを行うと保存状態もよくなります。また、野菜は育った状態(自然の状態)で保存するのがおすすめです。

ほうれん草やニンジン、キュウリなどは、ケースや牛乳パックなどに立てた状態にすると鮮度が長持ちします。野菜はできる限りそのままの状態で保存するのがベストですが、料理のしやすさや場所の関係でカットする方もいらっしゃるはずです。

カットした場合は、空気や他の野菜に触れないよう、切り口をラップで覆い、鮮度の低下を予防しましょう。

野菜を美味しく食べるには、新鮮なうちに早めに食べきってしまうのがおすすめです。しかし、一度にたくさんの野菜を食べるのは大変です。そのような時は、正しい保存方法で鮮度をキープさせることが大切です。香川県産の無農薬野菜を通販でお探しの方は、Saiho Agrifactoryがご用意している新鮮野菜をお試しください。

香川県産の野菜を食べるならSaiho Agrifactoryへ

会社名 ㈱ヒカリ西宝町アグリ工場
代表責任者 三好 信之
住所 〒760-0004 香川県高松市西宝町3丁目6−22
TEL 087-812-1831
FAX 087-812-1832
電話受付時間 平日 9:00~17:00
定休日 土日祝日
公開メールアドレス saihocho.3622@hikari-agri.com
ホームページURL https://hikari-agri.com