香川県産のお取り寄せ野菜は、生のまま食べるのがおすすめ

香川県産の野菜は新鮮で味が濃く、そのまま食べるのが良いです。お取り寄せの際は、サラダやジュースなどにして生野菜として食べてみてください。

野菜の味をそのまま楽しむことができる!生野菜を食べるメリット

野菜の味をそのまま楽しむことができる!生野菜を食べるメリット

栄養豊富な土壌で育った香川県産の野菜は、お取り寄せする方も多いほど人気です。

購入した野菜は、温野菜や野菜炒め、味噌汁など、熱を加える様々な方法で調理が可能です。しかし、せっかく新鮮な野菜ですので、メリットがたくさんある生野菜として食べてみてください。

生野菜を食べるメリットとして挙げられるのが、まず「野菜の栄養分をそのまま摂取することができる」という点です。野菜にはたくさんの栄養が含まれていますが、中には熱を加えることによって栄養素が減ってしまうものもあります。

そのため、生で食べると栄養素が減るのを防ぎ、野菜の持つ本来の栄養をあますことなく摂取することが可能です。また、生野菜の魅力はなんといっても、「酵素」がしっかり摂れるというところです。

加熱すると酵素は壊れてしまうため、酵素を摂るなら生野菜をおすすめします。

温野菜や炒め物など、野菜を加熱調理して食べるデメリットは?

温野菜や炒め物など、野菜を加熱調理して食べるデメリットは?

野菜に熱を加えて調理する温野菜などは、たくさん食べられるというメリットがあります。しかし、温野菜にはデメリットも存在します。まず一つ目は、調理に時間がかかるという点です。野菜を調理する場合は、下ごしらえとして、切ったりゆでたりする手間がかかります。

また、根菜類は火が通るまでに時間がかかり、味見をしながら味付けも行わなくてはいけません。先述したように栄養が流れ出るのを防ぐために、過熱時間を短くするなどの工夫をする必要もあります。

生野菜の場合はそういった手間もなく、食べたいときにさっと食卓に出すことができるので、時短調理ができて便利です。

新鮮な野菜を取り入れる際には、温野菜はもちろんそれ以上にメリットの多い生野菜がおすすめです。Saiho Agrifactoryでは、いつでも通販でお取り寄せが可能です。名産の多い香川県で作った無農薬の野菜(グリーンレタス・ルッコラ・食べて菜・赤からし菜など)をご用意しています。Saiho Agrifactoryの通販で取り扱っている香川県産野菜も、ぜひ生の状態でお試しください。

香川県産野菜のお取り寄せをお考えならSaiho Agrifactoryへ

会社名 ㈱ヒカリ西宝町アグリ工場
代表責任者 三好 信之
住所 〒760-0004 香川県高松市西宝町3丁目6−22
TEL 087-812-1831
FAX 087-812-1832
電話受付時間 平日 9:00~17:00
定休日 土日祝日
公開メールアドレス saihocho.3622@hikari-agri.com
ホームページURL https://hikari-agri.com