さぬきの匠がつくったうどん          やさいのなちゅるん

香川県高松市の『西宝町アグリ工場』より、讃岐うどん×香川県オリジナル野菜“食べて菜”のコラボ『さぬきの匠がつくったうどん「やさいのなちゅるん」』ができました。

香川県オリジナル野菜“食べて菜”とは、みんなに食べてほしい、という願いから名づけられました。
“食べて菜”の大きな魅力は、栄養価にあります。カルシウムや鉄分は、なんとレタスの2倍!
“食べて菜”を農薬を使わない閉鎖型植物工場で栽培したものだけを使用しています。
また“食べて菜”をさらに乾燥して栄養を濃縮したパウダーを使って讃岐うどんに練りこみました。

「やさいのなちゅるん」は坑酸化作用があるとされている、β-カロテンが多く含まれいます。
期待される効果として
・老化進行の緩和
・口内の粘膜トラブル改善
・肌トラブルを軽減   など

また食物繊維も豊富
野菜そのままをパウダーにしていて、うどんを食べるだけで約80g相当の野菜を摂取できます。

めんは細めんでゆで時間も5分とお手軽で、うどん以外の食べ方も、そばアレルギーの方のそばの代わりとして
パスタの代わりとしてなどご使用方法はたくさんあります。

一度“やさいのなちゅるん”をご賞味ください。

・内容量:220g(2人前)
・賞味期限:製造より1年
・ゆで時間:5分

※「めんつゆ」はついておりません。